執行部からのご挨拶

就任のご挨拶

一般社団法人日本歯科専門医機構
業務執行理事(総務担当) 伊藤孝訓

日本歯科専門医機構は、今井 裕理事長の舵取りで新たな執行体制で第2期目がスタートしました。総務担当を拝命しました日本大学特任教授の伊藤孝訓です。新型コロナウイルス蔓延の影響を受けましたが、6月の社員総会で歯科麻酔専門医を認証し、引き続き口腔外科、歯周病、小児歯科、歯科放射線の運用審査を現在進めております。さらに今年度は矯正歯科とインプラント歯科の専門医の誕生に取り組みます。機構は第三者機関ですので、歯科医師だけの判断ではなく、国民目線をしっかりと意識した歯科専門医制度の確立を目指さなければなりません。歯科医学は、治療技術を優位に学修する傾向が強く、ともすれば患者不在になりがちです。さらに高度な手技を修得している領域別専門医になると、手技の施行を優位に考える傾向が強くなります。患者の思いに耳を傾け、治療目標を共有し、患者と共に力を合わせて協働的意思決定(shared decision making)をするような歯科専門医を育て、国民に寄り添う歯科医療を確立したいと思います。そのためには、先ず各学会の先生方と意見交換を深めコンセンサスを図ることで、一丸となって取り組むことが重要だと考えます。